2017年5月19日金曜日

全国新酒鑑評会

昔は当時の大蔵省?国税庁?の管轄として開催されていた全国新酒鑑評会

明治44年に第一回、国の機関から独立した形で酒類総合研究所主催となり開催されている由緒ある国内で最も権威のある鑑評会と云われている

ちなみに今回の28年度の結果はこちら
http://www.nrib.go.jp/kan/h28by/h28bymoku_top.htm


お酒を販売する側としても個人的にも
正直いうと良いような悪いような微妙な感じです・・・


何でかっていうと「これが全てじゃない」から

もちろん参考にするのは良い
入賞そして金賞を獲るための蔵元さんの努力というのも頭が下がる

怖いのは
入賞外=ダメ

と思われること


受賞するような酒質を目指していない
コストの掛かるお酒を仕込めない
仕込み蔵のキャパで間に合わない

色々なそれぞれの理由で出品しない・できない蔵元もある


この金賞を獲るために特別な造りをする蔵もある
金賞獲ったらその蔵元のお酒全てが良いっていう認識になる
(もちろん金賞受賞したお酒を造った蔵元っていう名誉はある)


販売戦略としてはすごい素材
金賞受賞ってかいてあるのものと書いてないのが同じ値段で並んでたら売れるほうはご想像の通り


金賞獲ったよ! → 金賞受賞の表示をしよう
消費者は「へぇ〜、金賞獲ってるんじゃ間違いないから買おう」

の図式ね・・・


でも金賞を獲ったのは別のお酒・・・
そもそも金賞受賞って出品したお酒そのものに与えられるもの

金賞を獲ったお酒が大量にあるわけじゃ無いしましてや大吟醸・純米大吟醸だからコストが掛かってる

そんな高いお酒毎日呑めるわけが無い

仮にその経済力があったとしてもその味わいに飽きが来るはず

お酒はその時・その場所によって選ぶべき!



お酒造りって何種類も造るよね
仕込む米もスペックも違う
もちろん環境は日々変化する
そういう気の抜けない時間ばっかりなのがお酒造りの期間中続く

よほどの集中力とセンスと愛着心がないと出来ない


結果色々なお酒が出来上がる


だからお願いです
売る側へ・・・消費者を惑わすような誤解を招くような表示はやめてください
買う側へ・・・こういうのは参考程度にしていただいて買う理由の大部分にしないでください


ん?前にもこういうの書いたことあるような気がする(笑)
まぁ思い出したしブログネタとしてww


あ、あと選べない事は恥ずかしいことではありません
銘柄とスペックで味わいが想像つく人が特別なんです

みんなそれが出来てたら僕等の仕事無くなるしww

なるべく分かりやすいように説明するよう心掛けていますがなんせ僕ですので・・・

日々努力します・・・

2017年5月5日金曜日

第24 回全国クラブチームサッカー選手権大会茨城県大会決勝戦

昨日5月4日、決勝戦
場所はカシマサッカースタジアム

直近の試合は4月30日県リーグ2部第1節。
6-0で大勝しチームとしても体制も整いつつありまとまりも出来てきた

この良い流れを継続させたい


タイトルのかかった試合、しかも場所はカシマ

天気も最高(選手は熱かっただろーね・・・)


圏央道が繋がって多少は行きやすくなった鹿島方面。
11:00キックオフなので境町をGW渋滞も視野に入れて9時前には出ないと間に合わないのに
大勢の人が応援に来てくれた
電光掲示板も選手の名前が出たり、アナウンスもスタッフが間に合わせたようなものじゃなくちゃんとしてた


選手じゃない俺がテンション上がってるんだもん、選手は鼻血もんでしょう(笑)




さぁー!舞台は整った!!


ただ、一つ???と思ったこと
アップ中のボールがゴール裏の客席へ何個か行っちゃうんだけど取りに行くのが面倒・・・
客席の解放はメインとバックスタンドの2箇所でゴール裏は入れない
スタッフにボールを取りに行くのにどーしたらいい?と聞くと

「ケガしないように」

!?

まさか乗り越えろと・・・

昨日は水曜日で定休日
少し時間が空いたので気分転換とダイエットを兼ねて利根川沿いをジョギング
調子に乗ってハーフを走った満身創痍・高所恐怖症の俺が出来るか??

でもやるしかない
こんなことを試合前の選手に頼めない・・・


まず、壁を登る
ボールが入らないためにネットが張り巡らせてあるんだけど

画像の右下に少し写ってる赤いネットね


これがやっかい・・・
端まで行かないとネットを超えられない
強引に中央突破も考えたけど俺の体重でネットが持つか・・・

やっぱ端まで行くしかない

手すりを常に持ち、ネットに絡まないようカニ歩きで進んでいく
上れる場所がゴール裏付近なので結構な距離・・・

地味に頑張ってやっと端にたどり着いた
ここからも一山
ネットを超えるまで今度はカニ歩きで傾斜を上る

もちろん高度は上がっていく・・・
手すりはさっきよりも低い・・・

怖くない怖くないと強く念じながらようやくゴール!!

ボールを投げ返し戻ろうと思った瞬間
またボールは来るはず・・・
もう何回もこんな思いしたくないからアップ終了までゴール裏でINFIGHTに敬服しながら過ごす

入ったボールを拾っては投げ返すことを何回かやってると
26番結城君の左足から強烈なボール
「おお!良いシュートだ」と思って見てるとバーをかすって俺の方に(笑)

こないだ居酒屋奢ったのに居酒屋だけじゃ不服だったか!?(笑)

そんなこんなでアップも終了して帰還すべき時が来た

降りる時はわざわざ登ったところまで行くよりも
てぃ!って飛び降りた方が気持ち的に楽と天秤座らしく天秤に量り敢行


無事にミッションクリアして控え室へ


試合前のこの空気が好き

張り詰めた空気
目指すモノはみんな一緒


円陣組んで
ヨシ!行くぞ!


記念撮影して



いよいよ試合開始!

と思ったら
コミッショナーを含め審判団がこっち見てる
副審に声を掛けられた

「ベンチ外は競技場には入らないで」

最初、俺らはベンチに居て良いって言われたんだけど
上の娘をマネージャーの補佐をやらせるべく連れてたのがいけなかったのかな?
小学生の女の子が居ちゃまずいよね・・・

ちょうど娘の友達も応援で来てくれてたのもあって娘をスタンドに行かせたけど
結局俺らはその場所にいるとまずいっぽいっていう空気があって
犬目線で観戦(笑)
良く撮ってくれてましたm(_ _)m


奥の距離感半端なく分かんない(笑)

でもここしかない

見てるうちに馴れるかもしれないし
結果、馴れたけど(笑)


で肝心の試合

開始直後、動きが固い

相手も巧い
パススピードもあるしトラップも正確
間合いも含めてのポジション取りも巧い


徐々にキープも出来るようになるけどこぼれ球は相手に拾われるし
思ったように攻められない
我慢の時間が多く中々点の入りづらい展開

まぁ決勝だし簡単にはいかないよね

キーパー舘野君の好守、ディフェンス陣の体を張ったプレーで無失点で前半終了しハーフタイム

具体的な広瀬監督の指示を実際聞きたかったけど
控え陣のアップでまたボールがゴール裏客席へ・・・

行こうかどうか迷ってるうちに時間は進む
結果ハーフタイム中は無理と勝手に判断し終了後に先延ばし(笑)
(もしかしたら身軽な選手が行けるかもってなすりつけも考えた)

そして後半開始
ハーフタイム中の選手交代は相手が1人変えて境トリニタスはそのまま

前半からあまりファールを取らない主審だなーなんて思ったり
副審もオフサイドを取るタイミングが遅かったりで
やっぱヒートアップする相手がちらほら・・・

相手も中々攻めきれない展開にやきもきしてる証拠
でも巧かった21番が前半だけで交代したのは何でだろう?

12番は相変わらずボールの置き方が巧くてやっかい

でも前半よりこっちのペースは上がってきている
ただ上手く場所を消されたりマークの付き方で出すところに出せない

普段ゲームを作る峯君が生きない

でも以前と違うのはこういう時に周りが対処出来てること

監督の存在って凄いね・・・

後半12分、トップの金久保君が額裂傷で結城君に交代
アップの時のキレ具合から個人的には結城君に期待してた
(結城君は職場関係でも近いし、うちの娘を色々と面倒見てくれることもあって自然と状態を気にしちゃう)
こういう状況での途中交代って流れに入るの難しいんだよね・・・

そしてその8分後に木村君に変わって中村君
相手の足が止まってきたのもあってこの辺りから試合が動き出したと思う
点には結びつかなかったけど良い流れが出来てきた


結局両チーム無失点で延長戦
(クラブ選手権は35分ハーフ)
延長は10分ずつ

足が止まりつつある相手にしてみれば何とか35分で終わりたかったと思う
まだまだこっちは走れてる

正直この辺りから試合内容は良く憶えていない
フィニッシュまでいかないけど良い流れ
でも点を獲らないと

相手も当然守るだけじゃなく点を獲りに来る

残り2分ちょっとの時
中村君がドリブルで仕掛けて奪われたかけてこぼれたところを
結城君が拾って切り返し
 1人かわした後、得意の左足



video
この瞬間憶えてない・・・
とにかく嬉しくて・・・

この動画は応援に来てくれた人が撮ってくれたんだけど良くこのシーンを獲ってくれてたよね!


多くの人が応援に来てくれたって言っても観客は100人ちょっとかな?
そのうち40人くらいがトリニタス関係者
でもこの声援

中々点が入らなく怖いシーンもいくつかあって早く先取点をとって少し楽にしたいっていう気持ち
入った瞬間の声が証明してる
応援してるみんなが選手を信じてたからなんだよね


最後のワンプレーと思われる相手のコーナーキック
キーパーまでも上がってきた

ゴール前の混戦、相手は何としてでも同点にしたい
こっちは守り切るっていう気持ちのぶつかり合い
どうにか守り切ってサイドラインギリギリに蹴り出して速攻!
ゴールは無人
これ入れれば決定的!
中には1人ずつ
折り返してファーポストで相手が先に触ってコーナーに逃れたところで試合終了!!



決勝戦に相応しい試合内容・展開だったと思う

カミーザ・ドゥジィさん、そして境トリニタスの選手の皆さん、
素晴らしい試合をありがとうございました

さぁ表彰式!
ん?客席のボール・・・

こんな展開後の選手にボール取りに行けとは言えない・・・

また地味にカニ歩きすると表彰式始まっちゃう

で周りを良く見ると最初と逆の方に入れないようにする柵がある!
ここから登ればカニ歩きの部分は傾斜の部分のみ!!

早速、足を掛けて手すりにつかまる
壁のちょっとした切れ目みたいなところにつま先をかけたところで体勢に問題発覚
しかも足は前日のことで筋肉痛で使い物にならない…
表彰式の準備してるし大きな声で「ヘルプミー」は言えない・・・

腕をフルに使って体ごと持ち上げるしかない!
火事場のバカ力っていうのかな?

ヒトリ デ デキタ!!


で、表彰式が終わり掛けの頃ボールと共にベンチへ戻れた

で、歓喜のひとときを一緒に味わえた
俺にとってみれば試合はもちろん、ボール拾いのことを自分自身のみで喜んだ(笑)





で、優勝したうちらは茨城代表として9月に都内で開催される関東大会へ出場します

その前にリーグ戦もしっかりと勝ってもらってチームの更なるレベルアップを!!

次回の試合は境トリニタスの公式戦は
6月11日県リーグ(2部)境町サッカー場 9:30キックオフ
(トリニタスはリーグ戦2試合目)


iPhoneのアプリで万歩計付けてるんだけど、昨日のは凄かったのでキャプ&ウプ
見事な末広がり!!!


2017年4月29日土曜日

中戸屋セレクトの吞み物、Diningなが田さんで呑めますよ

お店周辺でうちがお取引させていただいているお店をご紹介させていただきます





境町唯一の繁華街(笑)、スーパーマスダ周辺に今年オープンしたお店です
境大橋より結城に向かってココスとファミリーマートがある交差点を過ぎた左側
パチンコ屋さん?スロット屋さん「DISH」の所を左折するとDISHの向かい側にあります

境町ってお肉専門のお店って少ないんですが商店街の通りの一本西側の通りにある長田屋精肉店さんが経営するお店です

なのでお肉系は抜群の安定感を誇ります!

そしてお魚系も捨てがたい!
毎回市場で仕入れる魚はお肉屋さんならではのネットワークもあり新鮮!
珍しいものが並んでれば即仕入!
(写真撮ってないんです・・・)


人情味溢れるおばちゃん(お肉屋さんのマダムです・笑)の料理は冷めても暖かい!






















中戸屋酒店を信頼していただき、ご期待に応えるべくき吞み物のラインナップを考えました!

ビールも赤星を置いていただいてます
日本酒・焼酎・梅酒・サワー系、そしてワインと何を吞むか迷うくらい(笑)

宴会も20人くらいまでは入れるかな?
予算に応じて料理も色々相談にのってくれるしね
(本当は貸し切られると入れないから勧めたくないけど・笑)



ランチもやってます
こんな感じで日替わりメニューになります






Diningなが田(ダイニングながた)

11:00ー14:00 18:00ー22:00(LO.21:30) 
定休日:日曜日と祝日



〒306-0433 茨城県猿島郡境町山神町774
0280-87-0611

2017年4月28日金曜日

霧筑波 特別純米

昨日、吞んでました

1人で(笑)

ここんとこ予定が続いてたのですっごく有意義な時間だった
昨日も元々は予定があったんだけど急遽変更になったので時間が出来た!

お店閉めて、セブンで前にもらったタダ券を使用するべくつまみを買って
「さぁ、吞むぞ」って1人で(笑)

って言ってもケンミンショーが終わる時間にはすっかり眠くなって正味1時間足らずの時間だったけど(笑)



やっぱ霧筑波の純米は1人酒にぴったり!(もちろん大勢での吞みにも良いよ)


茨城らしくない線の細さがあって、香りも少なめで主張し過ぎないしクセもないので料理もいろんなのと相性良いし


何を吞むか迷った時にいつも選択肢にある

昨日は迷った挙げ句ではなく元々これが吞みたかった

しばらく吞んでないっていうのもあったけど、ここ最近は新緑もほんとに綺麗で、この時期なぜか筑波山が恋しくなる(笑)

昔この時期に遊びにいったり麓のホテルで会議があったりで印象にあるんだろう


で、昨日のケンミンショーは茨城!
(北海道の寿司もやってたね、旨そうだった・笑)

茨城の酒が恋しくなってそれ吞みながら、普段見れないけど好きな番組みれたと思ったら茨城・・・
何かの巡り合わせか?と(笑)


魅力度最下位が何年か連続らしいけど、変に注目されづらい順位よりも「最下位」のほうがネタになりやすいからこれで良いんじゃない?(笑)


今日の夜はPTAの用事で出掛けるから呑み残しは次回!
この呑み残したお酒の変化も愉しみの一つ!!!

2017年4月15日土曜日

オリジナルラベル

うちでもやってます

使いたい写真とか文字とかをデータで送ってもらったり全てお任せでやらせていただいたり

















もっと具体的に分かりやすいもの載せたいけどプライバシーの問題でかいし(笑)



価格は中身+ラベル代(100円〜)

ラベル代はラベルの素材とか作成の手間によって上下しますが今のところ概ね100円から200円かな?

うちは元々のラベルを剥がして貼り替えます

なので予算によって色々選べます

一番重要視したいのが
「ラベルだけのものにしたくない」

なので中身のものを作成したラベルには必ず入れます


極端に言うと「その表示要らない」と言われたらオリジナルラベル自体をお断りします
(色々と文字の大きさとか字体とか表記しないといけない事項もあるし・・・)



好きなものに自分の好きなラベルが貼られてたら嬉しいじゃん

これに尽きます




オリジナルラベルは
いつでも受け付けています

納期は最短で当日っていうのも出来ますが
色々と条件が揃ってのことですので大体最短で2〜3営業日とみてくださいm(_ _)m

2017年4月1日土曜日

境町異業種交流会

3月30日、町の洋食やさん  暖(ほのか)さんで開催されて参加してきました
暖さんのFacebookページhttps://www.facebook.com/honoka2016/


ちょうど最初の一杯以外は別会計でそれぞれがオーダーするっていうシステムだったので店に無理を言ってワインと日本酒のグラス販売を兼ねて・・・


結果は思った以上に吞んではいただけたけど売上は少ない(笑)

値段設定が安過ぎた・・・

まぁ、儲け目的というよりはPRが目的だったから・・・

でも赤字分は自腹・・・


今回は萩原酒造さんの専務と蔵人のマキノ君も参加していただいて手伝ってもらった


やっぱり造りの本人がいると違うね

やってて楽しいし!


懇親深めつつPRも出来たので総合的にはOK!


今回出したのは以下の通り


○徳正宗 吟醸 美山錦
 現専務の農大時代の友人が開発した酵母を使用
 アル添のメリットが最大に活きててキレがある
 1人や少人数でグダグダ吞むのにちょうど良い(笑)※もちろん良い意味で

○徳正宗 純米吟醸 美山錦
 これも現専務が蔵に戻った時から販売されてる
 今までの徳正宗のイメージを払拭するような煌びやかなイメージ
 今までは少し野暮ったさがあったけど綺麗な酒質

○徳正宗 純米吟醸 こしひかり
 今回はじめてお披露目となった新酒。食用米ながらも雑味も少なく吞みやすく仕上がってる
 INAOのワイングラスだったんだけどそんなに酒精も感じなかったから
 お猪口だとさらに吞みやすくなるね。専務が面白く仕上がったっていう言葉に納得

○徳正宗 大吟醸
 前回、新酒鑑評会やインターナショナル酒チャレンジで総合優勝した余韻が冷めていなく
 出待ち状態だった大吟。今回は前回に比べて日本酒度は一つ上がっているけど
 それ以上に軽くなった印象。重さを感じさせないっていうことは昨今重要だと思う


以上日本酒は4品
で、ワイン


○シャトー酒折 2016 甲州にごり(酒折地区)
 当然のことながらまだフレッシュな状態は感じるがリリース当初に比べれば落ち着いてる
 ジューシーな甘みはこれからの季節、少し冷やして昼間酒にちょうど良い。お花見とか最高!

○トータヴェロワーズ 2015 パッション ブラン
 こういう分かりやすい味わいはパーティーに最適!気使わないしエチケットも可愛いし
 やや洋梨系の香りと味わいはあまりワインを吞まない人にもオススメできるし
 やんわりとドライなので料理との相性も幅広い

○ルミエール 2015 南野呂 マスカット・ベイリー・A 1800ml
 きれいでスルスル呑める。不特定多数さらに様々な料理が並ぶ時はこれに限る!
 見た目も驚かれる人多いからさらに良し!(笑)

○大岡弘武 2016 新酒 赤
 濃いのが好きっていう人向けに持ってった。さらに日本人が造ってるっていうのは
 セールストークのとっかかりにピッタリだし(笑)
 まだまだガスも残っててフレッシュな状態。豆っぽさも全く感じなかった
 グビグビやるには濃いけどこの濃さは話の邪魔しないし本来のワインの姿だよね

○ポデーレ・ルイーザ 2011 キアンティ リゼルヴァ ジューノ
 単純に自分が吞みたかった(笑)落ち着いた印象は温もりとゆったりとした時間を感じる
 こういうパーティにはキアンティというありふれた名前に反して不釣り合いだ
 着席してゆっくりと過ごしながら吞むワイン
 熟成による果実味が柔らかく、浮ついた感は無く上品さのある酸、程良いタンニンとゆるやかな余韻


以上、白2の赤3の5種類


30人ちょっとで吞む人半分居たかな?っていう感じだったけど終始、賑やかな会でした


写真は撮ってないです

2017年3月25日土曜日

中戸屋セレクトのワイン、高橋屋さんで呑めますよ

お店周辺でうちがお取引させていただいているお店をご紹介させていただきます


お隣のさらにお隣の埼玉県杉戸町にある「高橋屋」さん
境町の人は意外と、あぁあそこね!と場所を知ってる方多いと思います


電車という公共機関が無い我が境町は電車で出掛ける際多く利用するのが
東武鉄道の東武動物公園駅
同じ茨城っていうところだとJR古河駅なんだけど電車賃が安い!
距離的には南栗橋駅、幸手駅が近いんだけど電車本数の多さから使い勝手が良い
さらに特急(りょうもう号)も止まる!
(北千住からだと500円くらいだと思った)

その東武動物公園駅(東口ね)のすぐ手前に古利根川があるんだけど川沿いにお店はある

昔、高校の頃は(バスと電車通学)バスの中から高そうなお店だなぁなんて思ってた(笑)
しかも当時はあまり話したことなかったけど高橋屋さんの現当主は同級生

食べに行く事、ましてお取引なんてできるとは思ってなかった(笑)

Facebookを通し交流が生まれ現在に至ります


で、お店は創業130年という老舗、現在4代目となるその同級生が指揮を執る

スタッフさん達は「かゆいところに手が届く」「気持ちの良い」接客が行き届き、
まさに「おもてなし」されていると実感できるお店です


うなぎをメインとした様々で細かな部分まで手を抜いていない美味しい料理


そしてワインや日本酒・・・

至福だねぇ・・・


お座敷で食べてみたいねぇ(笑)

お店には多くの有名げーのーじんの来店時の写真とサインが飾ってあるのも納得


こないだの3月22日にばーちゃんと上の娘を連れってった
娘はうなぎは小骨があってあまり好きじゃないって言うから一応稲庭うどんも頼んだ

結果、一人前を平らげた(笑)

で、俺が稲庭うどん(笑)


なんでここに来てうどん・・・
もう1個頼むか?
でも高橋屋さんは注文後に蒸し始める
なので30分は来ない

ま、今日はお酒も呑めないしガマンついでだ(笑)
その代わり次回はたらふく食ってやる(笑)

あ、ちなみに蒸し焼きの関東風と関西風の地焼きが選べます
(個人的には歯ごたえがある地焼きが好き)

ワインは現在はまだ少ない品揃えですが
徐々に品数も増やしてもらおうと思います


行く時は電話入れて席の予約したほうが良いかな?
何しろ待ってれば入れるっていうのとは違うし・・・


気になる価格だけど、決して安くはないです
でもしっかりしているからこその対価だし総合的に見たらかなり安いです


次は久しぶりにバス乗っていくかな(笑)



うなぎ割烹 高橋屋

11:00ー15:00(LO.13:30) 17:00ー22:00(LO.20:30) 
定休日:月曜日と第2第3火曜日


http://www.takahashiya.org/index.html
〒345-0036 埼玉県北葛飾郡杉戸町杉戸3丁目10-6
0480-32-0021